「私はどうせみなしごよ。
名作劇場の娘」