「えっ私じゃなかったの!
驚くアミリー」